前向きに企業ともエンジニアとも向き合う!成長志向のある人と一緒にFindyを成長させたい!(CS加藤 仁さん/後編)

Findyで実際に働く社員はどんな経緯でFindyにジョインし、どんな仕事を日々しているのか。そして、今後どんな夢・目標を持っているのか。どんな人にジョインして欲しいと思っているのか。

今回は、転職事業部のカスタマーサクセス(CS)で活躍する加藤さんとCSチームリーダーの坂根さんにインタビューしました。

登場人物

加藤さん 24歳、社会人3年目。新卒でサイバーエージェント入社。家庭の都合で退社・帰省後、ベルパークに転職。昨年12月からFindyにジョイン。5月に月間売上1,000万超えを記録し、月間MVPを受賞 坂根さん リクルートで広告営業や人材紹介のCA/RAを経験後、ベンチャー企業を経て、2019年9月よりFindyにジョイン。現在はカスタマーサクセスのチームリーダーを務める。

坂根:

営業は結果が出ないとモチベーションがすごく下がりやすくて、それが要因で環境や他の人が悪いとなりがちですが加藤さんはそれが一切ないです。

とにかく自分との戦いに向き合うことが既にできているというのは純粋に素晴らしいと思いました。

お客様からもすごく信頼されていて、加藤さんの担当企業のslackやFacebookを見るとすごくたくさんやり取りもされてますし、感謝の言葉も多く入っています。実際に結果を出して採用成功まで至っています。

エンジニア採用は一筋縄でうまくいくものではないですけど、何とかできる方法を考えて加藤さんが提案し続けているというところが成果と顧客の信頼に繋がっているのだと思います。

加藤:

お客様からは本当に嬉しいアクションを数多くしてもらっています。例えば新しい企業を加藤さんに紹介するので担当してあげてほしいといった声もいただいています。

他にも「加藤さんがいればエンジニア採用は安泰」「今の弊社があるのは加藤さんのおかげといっても過言ではないぴったりの人が採用できた」といった言葉をかけてもらっています。やはりそれが自分のカスタマーサクセスとしてのやりがいですね。

同時に提供しているサービスにも誇りを持っています。他の採用媒体だと最初の1~2ヶ月だけ運用のサポートをしたら、それ以降は質問があれば答えるくらいであまり積極的にやってくれないところも多いみたいです。

Findyのカスタマーサクセスはそうではありません。媒体運用の提案・徹底は当たり前で、加えてカジュアル面談以降の採用のファネルにも介在できるという点に僕はやりがいを感じています。

カジュアル面談に同席し、どのようにしたらエンジニアの方の志望度が上がって選考に乗りやすいかを提案する。あるいは弊社が行うキャリア面談をしたエンジニアの中で転職意欲や技術スタックが高い人など、趣向性が合う人材がいれば企業に紹介するといったこともしています。

エンジニアの希望をきちんと吸い上げつつ、企業側とは採用に向けてどういった施策を行っていくべきなのかを一緒に考え動かしていく取り組みができるのは、Findyのカスタマーサクセスのやりがいでもあるし、うちにしか提供できない価値だとも思っています。

ー今後の目標は?

加藤:

まずはカスタマーサクセスとして自分ができないことだったり、こだわらないといけないところはあるので、プレイヤーとして驕らずに成長していきたいです。

具体的にはここ1年で見た時には自分が結果を出せた成功事例、逆にダメだった失敗事例を共有できるようにドキュメント化したいと思っています。

それによってみんながしっかり売上目標を達成していけるような仕組みを作れます。また、マネジメントにも挑戦していきたいです。

あとは山田さんがファインデイは海外を目指し、日本企業がグローバルでも戦えるようにしていくというビジョン・目標を掲げているので、海外進出において自分もその一翼を担える人材になっていければと思っております。

ーこれからFindyで一緒に働きたい人は?

加藤:

前向きな人と働きたいですね。

Findyには失敗を許容して成長を促す、応援するカルチャーができ上がってると思います。成長志向が強い人や裁量が大きい仕事に挑戦してみたいといった方にはいい環境が提供できるというのはメンバーとも話しています。

一方でFindyにもまだまだ未整備なところがたくさんあると思います。スムーズなフローができていない部分や好結果を継続的に出していくアセットがまだ積み上がってないところがあります。

スタートアップとして未整備な部分がある中で、自分が進んで改善しようと手を挙げてくれて、会社がいい方向に向かえるようなアクションができる人と一緒に働きたいです。そうなればお互いが気持ちいいですし、個人としても会社としても成長できる環境ができていくように思います。

image

Findyで一緒に働きませんか?

まずは気軽にカジュアル面談も可能です。少しでも興味お持ちいただけましたらぜひご連絡ください!